日本眼科学会:最新研究紹介
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home最新研究紹介 > 2017年
最新研究紹介

2017年

発表年度

外国誌要覧 第120回日眼総会 特別講演 第120回日眼総会 評議員会指名講演

このページのトップへ↑

外国誌要覧

  論文名
NEW 術中の上斜筋腱の牽引試験に基づく手術戦略の評価
NEW 網膜静脈閉塞症に伴った黄斑浮腫眼において網膜無灌流領域の存在を示唆する光干渉断層計所見
NEW 原発開放隅角緑内障眼の白内障術後眼圧上昇に対するアセタゾラマイドの予防効果
NEW 抗TGF-β抗体包含ゼラチンハイドロゲルのイヌ濾過手術モデル眼への応用
NEW ボリノスタット(SAHA)が濾過胞維持に寄与する分子メカニズムの検討
NEW 緑内障関連遺伝子と領域別にみた視神経乳頭周囲網膜神経線維層厚および視野欠損との関連
  30ゲージ針一体型前房水ピペットの安全性の検討
  細胞外コラーゲンはIL-1βの刺激による角膜実質細胞のウロキナーゼ型プラスミノーゲンアクチベーターの産生能を亢進する
  他覚調節力測定における調節と眼優位性の重要性
  連続円形切嚢術開始時における水晶体移動距離をもとにした客観的なZinn小帯脆弱度分類
  後眼部用波長掃引型光干渉断層計を用いた前部強膜炎の観察
  OCT angiographyによる網膜静脈分枝閉塞症の血流動態評価―網膜層間血流の差と遷延性黄斑浮腫の関連
  網膜静脈分枝閉塞症眼における網膜微小血管系と視力:OCT angiographyによる画像解析
  ポリープ状脈絡膜血管症に対するアフリベルセプト単独治療と光線力学療法併用治療の12か月での比較
  アポリポ蛋白質E4を除くE2およびE3は病的網膜血管新生を促進させる
  ロドプシン遺伝子改変ウサギにおける二次、三次ニューロンの錐体系網膜電図への関与
  シングルピース・アクリル眼内レンズ挿入後に多発したsubacute-onset TASS
  虹彩損傷は房水中サイトカイン濃度上昇と関連する
  マイボーム腺機能不全に関する日本でのクリニックベース研究
  女性におけるマイボーム腺の生理学的機能
  屈折矯正手術多施設前向き研究による15,011眼の検討
  シールド潰瘍および角膜上皮症を伴う難治性アレルギー性結膜疾患患者に対する0.1%タクロリムス点眼薬の副腎皮質ステロイド減量効果
  常染色体優性遺伝を呈する眼皮膚白皮症4型の日本人家系
  ラット実験近視モデルにおける強膜直上への線維芽細胞移植による近視抑制治療の確立
  眼底画像から正確に網膜血管径を測定するための新方法
  網膜静脈分枝閉塞の黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体内注射前後の網膜血流変化
  正常眼における脈絡膜管腔および脈絡膜間質の日内変動
  培養角膜上皮細胞における流体機械的刺激によるtransforming growth factor-βのシグナル誘導
  ポリープ状脈絡膜血管症の1型、2型におけるOCT angiographyとインドシアニングリーン蛍光眼底造影所見の比較
  経強膜的ウノプロストン徐放薬による遺伝性網膜変性ウサギの長期網膜保護効果
  Scheimpflug解析装置で測定した角膜生体力学特性パラメータと相関する因子
  角膜移植と免疫特権の維持におけるICOS・ICOS ligandの保護的な役割
  サイトメガロウイルス角膜内皮炎に対する0.15%ガンシクロビルゲル点眼の有用性
  眼サルコイドーシス患者硝子体中のHMGB1と炎症性およびT細胞性サイトカインとの関連
  Pachychoroid neovasculopathyと滲出型加齢黄斑変性における眼内血管内皮増殖因子濃度
  ポリープ状脈絡膜血管症に対するアフリベルセプト硝子体内投与後の脈絡膜構造の変化
  ヒトiPS細胞由来網膜色素上皮細胞シートの移植器具と移植方法の開発
  増殖硝子体網膜症の上皮間葉転換抑制におけるCaveolin-1の役割
  OCT angiographyでみる増殖糖尿病網膜症の新生血管の形態的特徴
  感染性角膜炎における角膜高次収差の解析
  小児涙道閉塞症における涙液中サイトカイン分析
  網膜表層血管密度と篩状板前域の血流指数による緑内障、高眼圧症および正常眼の鑑別能力
  十分な安全域をとって切除した眼瞼脂腺癌の局所再発および転移に関する危険因子の検索:永久標本で切除断端の陰性を確認した症例群において
  アロ角膜内皮細胞移植マウスモデルを用いたアロ感作と免疫寛容の検討
  PAX6はヒト角膜上皮の生物学的特徴を制御している
  培養ヒト角膜内皮細胞による再生医療に必須不可欠の注入細胞の均質性
  機能的可塑性を有する網膜色素上皮細胞とマクロフアージ間に繰り広げられる精妙な細胞間相互作用
  増殖糖尿病網膜症におけるfibrocyteと線維性血管膜
  広角モンタージュOCT angiographyによる放射状乳頭周囲毛細血管網の可視化
  進行した網膜色素変性に対する49極脈絡膜上経網膜刺激型人工網膜の慢性臨床研究(1年)の結果
  TNF誘発視神経障害におけるチオレドキシンの軸索保護効果とインターロイキン-1β抑制
  白内障手術後の予想屈折誤差の年齢による違い
  Vogt-小柳-原田病における副腎皮質ステロイド治療後の脈絡膜構造の変化
  正常眼の脈絡膜血管密度に影響を与える因子:swept-source optical coherence tomographyによるen face画像を用いた定量化
  病的近視眼を有する患者の小児期の眼底所見
  黄斑円孔術前後の不等像視の経過と網膜形態
  偏光位相差を用いた定量的濾過胞瘢痕化評価
  顆粒状、格子状、斑状角膜ジストロフィにおける角膜高次収差の検討
  水疱性角膜症・角膜内皮細胞密度減少眼では前房水中のサイトカインが上昇する
  結膜線維芽細胞の活性化に対してリパスジルが与える影響
  常染色体劣性遺伝ベストロフィノパチーの9例
  青色光照射によって生じる酸化ストレスから網膜色素上皮細胞はnuclear factor(erythroid-derived)-related factor 2を介して保護される

このページのトップへ↑

第120回日眼総会【特別講演】

演題名 網膜機能障害解析の多角的アプローチ ― 網膜剥離を中心に
講演者 寺崎 浩子
要旨
(抜粋)
網膜剥離手術後に網膜電図、光干渉断層計(OCT)、補償光学写真、眼循環測定により包括的機能評価を行った。術中ファイバーOCT開発、病態研究による新規治療の可能性も示した。
キーワード 網膜剥離、バックル手術、硝子体手術、網膜電図、光干渉断層計、補償光学、眼循環、術中光干渉断層計、インターロイキン1β、microRNA、上皮間葉転換、カベオリン1

演題名 眼疾患への抗加齢アプローチ ― ドライアイから網膜色素変性、近視まで
講演者 坪田 一男
要旨
(抜粋)
抗加齢という新しい戦略による眼疾患へのアプローチが、カロリー制限の分子メカニズムを中心として始まっており、次世代の予防医学として大きな期待が寄せられている。
キーワード 抗加齢医学、緑内障、加齢黄斑変性、ドライアイ、カロリー制限、酸化ストレス、近視、サーカディアンリズム

このページのトップへ↑

第120回日眼総会【眼科手術のサイエンス】

演題名 前眼部手術のsustainabilityを考える ― 今日のデータを明日のために
講演者 宮田 和典
要旨
(抜粋)
角膜、水晶体に対する前眼部手術の効果と安全性の持続可能性(sustainability)を長期間の診療データで検討した。
キーワード 前眼部手術、持続可能性、長期観察、翼状片、再発翼状片、角膜形状解析、エピゲノム解析、メチル化、角膜屈折矯正手術、laser in situ keratomileusis(LASIK)、混合効果モデル、角膜移植、全層角膜移植術(PKP)、角膜内皮移植術(DSAEK)、Boston keratoprosthesis、表面散乱、加速劣化、結膜嚢内常在菌叢、周術期抗菌薬、耐性菌

演題名 強度近視合併症における病態の理解と治療の考え方
講演者 生野 恭司
要旨
(抜粋)
強度近視は罹患人口も多く非常に重要な疾患である。以前は未知の領域であった近視合併症について、画像診断の進歩により得られた最近の理解と今後の治療方針につき総括した。
キーワード 強度近視、中心窩分離症、黄斑円孔網膜剥離、近視性脈絡膜新生血管、正常眼圧緑内障、光干渉断層計

演題名 緑内障手術のサイエンス ― 濾過手術とサイトカインを中心に
講演者 井上 俊洋
要旨
(抜粋)
緑内障手術成績の改善に向けて、我々が多面的に行ってきた臨床研究および基礎研究について紹介し、眼内環境に着目した成果と新しい試みについて論じた。
キーワード 線維柱帯切除術、房水、monocyte chemoattractant protein-1(MCP-1)、前眼部光干渉断層計(前眼部OCT)、ROCK阻害薬、筋線維芽細胞、マクロファージ、2光子顕微鏡
メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.