日本眼科学会:眼科医を目指そう - 眼科Q&A
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home眼科医を目指そう > 眼科Q&A

眼科Q&A

Q1 眼科の将来性は?

Q2 眼科を選んで良かったことは?

Q3 眼科医として一人前になるまでにどのくらい必要?

Q4 眼科医の進路は?

Q5 眼科での女性医師の割合は?

Q6 勤務医と開業医の割合は?

Q7 眼科の研究は?

質問一覧へ戻る

Q1 眼科の将来性は?

A1:我が国はますます高齢化が進んでいくでしょう。白内障や加齢黄斑変性といった加齢に伴う眼科疾患は数多く、糖尿病網膜症など成人病に伴う疾患も数多くあります。我が国の平成19年の視覚障害の有病率は推定160万人ですが、平成42年には200万人に増加すると予測7)されています。また、PCや携帯電話の普及によりVDT(visual display terminal)作業の増加による眼への負担も増える一方ですから、今後も眼科医の需要は高まると考えられます。

質問一覧へ戻る

Q2 眼科を選んで良かったことは?

A2:マイクロサージェリーの面白さや、外科的なことも内科的なこともできることなどたくさんありますが、一番は患者さんのQOL向上が目に見えて分かることです。例えば、白内障で目が見えなくなった患者さんの水晶体を摘出して、眼内レンズを挿入した後に、また見えるようになったと感激されること。
また、患者さんにとって視覚障害はうつ病の原因になりうる7)ほど深刻なものです。視覚障害を予防、治療することで、いつまでも人生の喜びを感じてもらう大きな助けとなれます。

質問一覧へ戻る

Q3 眼科医として一人前になるまでにどのくらい必要?

A3:平成16年から新しい医師臨床研修制度が導入されましたので、医学部を卒業して2年の初期臨床研修を修了してから眼科を専攻する方がほとんどだと思います。基本的な医師としての研修は修了しているのですぐに眼科臨床研修がはじまります。
眼科専門医取得までには2年の初期臨床研修修了後、4年の眼科臨床研修が必要です。それから、眼科の中でも自分が専門とする領域(例えば角膜とか網膜など)を決めて、さらに掘り下げて勉強するのに3年は必要ですから、だいたい卒後10年くらいが目安でしょうか。でも、眼科の学術、治療、手術、それに医療機器は日進月歩ですから生涯教育はとても重要です。

質問一覧へ戻る

Q4 眼科医の進路は?

A4:代表的な進路は4つあります。1つ目は大学で研究、教育、臨床すべてに携わる方法です。もちろん大変な道ではありますが、その分だけ得るものも大きいと思います。目指せ教授!でしょうか。2つ目はとにかく臨床、臨床という方は市中病院で勤務する方法があります。眼科は救急が少ない方ですから、ワーク・ライフ・バランスが良いといわれています。もちろん、臨床研究の成果を学会や論文で発表することもできます。3つ目は自分で開業して、経営者としてやっていく方法です。眼科医として多くの患者さんに触れることはもちろん、経営者として経営方針を決めていくという手腕が問われます。この3つが眼科専門医として活躍されているほとんどの方の進路です。最後に研究職です。大学の研究室はもちろん、企業などにも研究職のポストがあります。病因解明や新しい治療法を確立して、未来の患者さんに役立つ仕事です。他にも国内で臨床しながら発展途上国で海外ボランティアとして活躍されている方など眼科医として進む道は多種多様です。

質問一覧へ戻る

Q5 眼科での女性医師の割合は?

A5:日本眼科学会医師会員の約40%が女性です。臨床家として、研究者として、教育者として多くの女性が活躍しています。眼科は外科系の中では比較的体力を必要としない診療科で、手術は適当な時間であることが多く、手術が終わらなくて保育園に子供を迎えに行けないということも起こりにくいです。
また、眼科には診察から手術まで様々な分野、仕事の仕方があるので、自分のペースに合わせて仕事をしやすいといえます。

質問一覧へ戻る

Q6 勤務医と開業医の割合は?

A6:眼科は他科に比べて勤務医の割合が少ない診療科です。医師全体では勤務医は全体の64%ですが、眼科医の勤務医は37%です8)
眼科専門医に限定すると勤務医が54%、開業医が45%となっています。残りの1%は産休や留学などで診療をお休みされている方です。

質問一覧へ戻る

Q7 眼科の研究は?

A7:眼科は幅広い領域にわたる疾患を扱っていて、眼には様々な組織がありますので、研究にも様々な方向があります。眼科では再生医療のような最先端の基礎研究もいち早く臨床応用されています。また、日本発の学術論文数は、米国に次いで世界第2位で9)、我が国の眼科は世界トップレベルです。下記のリンクから眼科の有名雑誌に掲載された最新研究論文の要約、日本眼科学会特別講演、日本眼科学会評議員会指名講演などの要約がご覧いただけます。
最新研究紹介

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.