お知らせ

2022/03/25
会員の皆さまへ専門医制度

日本眼科学会専門医制度第75 回講習会のご案内

■講習会日程

オンデマンド配信:4月28日(木曜)〜5月27日(金曜)(予定)
テーマ1.『プライマリ・ケア・シリーズ 71』
      眼疾患の遺伝相談
テーマ2.『専門医共通講習会6』
      医療安全・医療倫理・感染対策

専門医制度第75回講習会につきましては、オンデマンド配信で実施することになりました。


■申込方法  オンラインによるお申込みとなります。詳細は、第126回日本眼科学会総会ホームページの「専門医制度講習会」をご覧ください。
       http://www.congre.co.jp/jos2022/specialist-system.html

■申込期間 3月18日(金曜)正午~4月18日(月曜)正午
      ※定員(1,000名)になり次第、申込み受付を終了させていただきます。


講習会プログラム


テーマ1.『プライマリ・ケア・シリーズ71 』 眼疾患の遺伝相談

オーガナイザー 角田 和繁(東京医療センター)

演題: 1 )総論「眼疾患の遺伝相談」

堀田 喜裕(浜松医大)

  1. 家系調査と遺伝形式
  2. 遺伝学的検査の考え方
  3. バリアントの記載方法と評価

演題: 2 )各論1「小児・先天疾患」

仁科 幸子(成育医療研究センター)

  1. 小児疾患に対する遺伝相談
  2. 乳幼児期に起こる遺伝性眼疾患
  3. 先天異常症候群

演題: 3 )各論2「角膜疾患」

近間泰一郎(広島大)

  1. 遺伝性角膜(前眼部)疾患総論
  2. 角膜ジストロフィ診断と治療のポイント
  3. 外来診療と遺伝カウンセリング

演題: 4 )各論3「網膜・視神経疾患」

藤波  芳(東京医療センター)

  1. 問診のポイントと家系図作成
  2. 眼科検査と臨床診断
  3. 遺伝子検査と遺伝カウンセリング
  4. 症例紹介


テーマ2.『専門医共通講習会6』 医療倫理・医療安全・感染対策

オーガナイザー 根岸 一乃(慶應大)


演題: 1 )眼科医療に係る医療倫理

小沢 忠彦(日本眼科医会)

  1. 新専門医制度に向けた一斉移行について
  2. 医療倫理講習、指導について

演題: 2 )医療安全のABC

藤澤 大介(慶應大・医学部医療安全管理部)

  1. リスク・マネジメント
  2. 医療安全の前提
    間違うことを前提とした体制の構築
    SHELLモデル
    良いコミュニケーションで医療事故を防ぐ
    医療者自身のケア
    インフォームドコンセント
  3. クライシス・マネジメント
  4. 医療事故発生後の対応
    迅速説明と謝罪
    いわゆる“ヒューマンエラー”への対応
    当事者(医療従事者)の保護
    再発防止策の策定と実施

演題: 3 )眼科周術期における感染症対策

原  祐子(愛媛大)

  1. 眼科術後眼内炎の特徴
  2. AMR(薬剤耐性)アクションプラン
  3. 周術期抗菌薬適正使用
※テーマ2.『専門医共通講習会6』医療倫理・医療安全・感染対策の単位は、2022年9月30日までに取得していただく現行の制度の単位といたします。 なお、新専門医制度に一斉移行する2022年10月以降の単位として持ち越すことはできませんので、ご注意ください。