日本眼科学会規定集

 

公的倫理指針等

 

委員会名簿

委員区分 氏名 所属 所属
委員長 新家  眞 関東中央病院 病院長 自然科学有識者
委員 相原  一 東京大学眼科 教授 自然科学有識者
北岡  隆 長崎大学眼科 教授 自然科学有識者
坂本 泰二 鹿児島大学眼科 教授 自然科学有識者
佐藤 美保 浜松医科大学眼科 病院教授 自然科学有識者
澤   充 日本大学 名誉教授 自然科学有識者
西田 輝夫 山口大学 名誉教授 自然科学有識者
山本 哲也 岐阜大学 名誉教授 自然科学有識者
外部委員 大林 雅之 東洋英和女学院大学人間科学部 教授 人文・社会科学有識者
光石 春平 光石法律特許事務所 弁護士 人文・社会科学有識者
森  正勝 国際大学 副理事長 一般の立場代表者

 

 

委員会議事録

 

倫理審査状況

番号 申請者 課題 受付日 結果 備考
15000133-
17001-2
東  範行 網膜芽細胞腫全国登録事業 令和2年
10月22日
承認
(令和2年
11月26日)
研究課題15000133-17001の研究計画書の変更
15000133-
20001-2
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築
プロジェクト2(前眼部の診断)
令和2年
8月21日
承認
(令和2年
9月11日)
研究課題15000133-20001の研究計画書等の変更
15000133-
17003-3
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築
プロジェクト1(眼底写真の診断)
令和2年
6月30日
承認
(令和2年
7月31日)
研究課題15000133-17003の研究計画書等の変更
15000133-
17002-5
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築 令和2年
6月30日
承認
(令和2年
7月31日)
研究課題15000133-17002の研究計画書等の変更
15000133-
20002
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築
プロジェクト3(眼部腫瘍の診断)
令和元年
12月6日
承認
(令和2年
5月22日)
 
15000133-
20001
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築
プロジェクト2(前眼部の診断)
令和元年
12月6日
承認
(令和2年
5月22日)
 
15000133-
17003-2
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築
プロジェクト1(眼底写真の診断)
令和元年
12月6日
承認
(令和2年
5月22日)
研究課題15000133-17003の研究計画書等の変更
15000133-
17002-4
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築 令和元年
12月6日
承認
(令和2年
5月22日)
研究課題15000133-17002の研究計画書等の変更
15000133-
17002-3
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築 令和元年
5月22日
承認
(令和元年
6月21日)
研究課題15000133-17002の研究計画書等の変更
15000133-
17002-2
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築 平成30年
12月4日
承認
(平成31年
1月21日)
研究課題15000133-17002の研究計画書等の変更
15000133-
17003
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築
プロジェクト1(眼底写真の診断)
平成29年
11月15日
承認
(平成29年
12月15日)
 
15000133-
17002
大鹿 哲郎 次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築 平成29年
11月15日
承認
(平成29年
12月15日)
 
15000133-
17001
東  範行 網膜芽細胞腫全国登録事業 平成29年
7月18日
承認
(平成29年
11月22日)
 
15000133-
12001
大鹿 哲郎 太陽光観察による眼障害症例調査 平成24年
5月7日
承認
(平成24年
5月11日)
 
15000133-
09001
東  範行 網膜芽細胞腫全国登録事業 平成21年
2月20日
承認
(平成21年
8月19日)
 

 


Adobe Readerのダウンロード PDFを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。