抗VEGF治療

治療の対象となる疾患

  • 加齢黄斑変性
  • 網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症
  • 近視性脈絡膜新生血管
  • 糖尿病黄斑症 など

治療

加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症などの網膜の疾患により、黄斑(網膜の中心部分)に浮腫(むくみ)が生じると、ゆがみや中心暗点(真ん中が暗く見える)、視力低下などの症状が出現します。
これらの疾患では、体内のVEGF(血管内皮増殖因子)という物質が、新生血管の増殖や黄斑浮腫の悪化に関与していることがわかっています。
抗VEGF治療はこのVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射することにより、黄斑浮腫を改善させ、病気の進行を抑制する治療法です。(図1、図2)治療は、硝子体注射という方法で行われます。初回の治療後は、病気の状態を見ながら追加の注射を継続していくことが多いです。

方法

治療は外来通院で行われます。まず麻酔薬を点眼し、目の周囲と、目の表面を消毒します。続いて注射針を用いて、抗VEGF薬を眼内(硝子体内)に注入します。(図3)注射は短時間で終了します。

リスク

硝子体注射の傷口から細菌が入り眼内炎という感染症を起こす事が報告されています。頻度は極めて稀ですが、一旦発症すると重篤な視力障害を引き起こす可能性があります。そこで感染症を予防するため、硝子体注射前後の抗生剤点眼や消毒などを行います。

抗VEGF治療が有効である病気には以下のものが挙げられます。
加齢黄斑変性、近視性脈絡膜新生血管、網膜静脈分枝閉塞、網膜中心静脈閉塞症、糖尿病網膜症、糖尿病黄斑症など。

図1:加齢黄斑変性に対する抗VEGF治療

イメージ図

図2:網膜静脈閉塞症や糖尿病黄斑症に対する抗VEGF治療

イメージ図

図3:硝子体注射の流れ
  1. 点眼薬で麻酔をし、消毒する。
  2. 器具を使って目を開ける。白目の部分に細い注射針で注射する。

イメージ図