目の病気

レーザー治療(網膜光凝固術、虹彩切開術、後発白内障切開術など)

レーザー光線は医療のみならず工業、通信や家電・娯楽など多くの分野で利用されている光線(電磁波)です。眼科分野では、他分野に先駆けて約50年前から使用されていて、現在では一般的な治療法となっています。レーザーも色々な種類があり、それによって使用する疾患も照射方法も様々です。
基本的には直径50~200ミクロンの小さな光を網膜などの眼の組織に当てて熱を発生させ、点状の凝固を作り出します。1発の照射は0.01~0.2秒程度とごく短時間なので、全く痛みを感じないか、少しピリピリと感じることがある程度です。ただ、汎網膜光凝固術など何百~何千発も照射する場合は、時に鈍痛を感じることがあります。一般に外来通院で治療でき、点眼麻酔で専用のレンズを目に当てて行います。硝子体手術の手術中にレーザー凝固を行なうこともあります。

代表的なレーザー治療を解説します。

網膜に孔が開き、それを通じて眼内液が網膜の裏側に回ると網膜剝離になります。網膜裂孔の段階か、周囲にわずかに網膜剝離ができたばかりの段階ならば、周囲をレーザー光凝固してあげることで、進行を食い止めることができる場合があります。また、網膜が薄くなって、裂孔が開きそうな部分に予防的に光凝固を行なうこともあります。
糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症に対しては、新生血管が発生してくるのを予防したり、すでに発生している新生血管を退縮させたりする目的でレーザー治療を行います。増殖前網膜症や増殖網膜症、あるいは黄斑浮腫に対して効果があります。
血管腫や動脈瘤などの異常血管に対しては、直接照射することで、血管自体を凝固する目的で照射します。
緑内障では、線維柱帯形成術や術後の縫合糸切除、あるいは、閉塞隅角緑内障に対し周辺虹彩切開術が行なわれます。血管新生緑内障に対する汎網膜光凝固術は、原疾患である増殖糖尿病網膜症や網膜中心静脈閉塞症に対して行われるものです。末期の緑内障に対して、経強膜毛様体光凝固が行なわれることもあります。
後発白内障に対しては、YAG(ヤグ)レーザーと言う、種類の異なったレーザーを用います。網膜に対するレーザーが基本的に熱を発生させるのに対し、YAGレーザーは衝撃波で濁った薄い膜(後嚢)を破る(濁りをとばす)目的で行ないます。


レーザー光凝固治療風景


汎網膜光凝固術

レーザー虹彩切

後発白内障切開術(術前・術後)

対象となる疾患 網膜裂孔、網膜剝離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、閉塞隅角緑内障、血管新生緑内障、後発白内障、飛蚊症