硝子体手術

治療紹介・目的

硝子体手術とは眼の硝子体と呼ばれる組織を除去し、網膜硝子体の病気を治す手術です。ガムをチィッシュペーパーからはがすようなイメージの、とても繊細で難しい手術に分類されます。通常局所麻酔で行われ、手術時間は平均1時間から2時間以上に及ぶこともあります。硝子体は水晶体と網膜の間にあり、コラーゲン繊維と水でできた眼球の大半を占めている透明な組織です。この硝子体が網膜を引っ張ったり、濁ったりすることで網膜剥離や、硝子体混濁といった病気を起こします。硝子体手術は白目の部分から非常に細い器具を眼内に挿入し、硝子体の切除や網膜の治療を行います(図)。硝子体カッターにより、出血や混濁した硝子体を切除して吸引除去します。また病気によっては、網膜上に張った膜を細長いピンセットの様な器具で除去したり、網膜の孔の部分をレーザー光線で固めます。

適応

網膜剥離、硝子体出血、増殖糖尿病網膜症、黄斑上膜、黄斑円孔、網膜静脈閉塞症、眼内炎、水晶体核落下など他にもさまざまなものがあります。

リスク

硝子体手術は現在、広く安全に行われている手術ですが、合併症が起こることもあります。感染症、網膜剥離、角膜障害、緑内障、黄斑浮腫などが代表的なものです。術前に主治医と良く話をすることが大切です。