病名から調べる

黄斑円孔

原因・病態

黄斑円孔は、網膜黄斑部に小さな孔(直径0.1~0.5㎜程度が多い)ができ、視力が悪くなる病気です。50歳以上の中高年者に見られることが多く、若い人にはほとんどみられません。発症率は中高年者の0.09〜0.3%程度であり、女性の方が、男性の2〜3倍多く発症し、高齢者、また強度近視眼のほうが発症率が高いと報告されています。通常、片方の眼に発生し、徐々に視力が悪くなりますが、時間差(数カ月~数年)をもってもう一方の眼にも発症することもあります。

自覚症状

見ようとする部位(視線に一致する部位)が見えなかったり、ゆがんで見えたりして視力が悪くなります。周囲は普通に見えます。治療しないで放置すると、0.1 以下の視力になることがほとんどです。

原因

加齢に伴う特発性(特に原因がないもの)が最も多いです。硝子体と黄斑の癒着が強い人では、加齢と共に硝子体の収縮や後部硝子体剥離が起こり始めると、黄斑を引っ張るようになります。この引っ張りが強くなると、最も薄い黄斑部に孔ができます。
他には、強度近視(病的近視)に伴うもの、打撲など外傷によるもの、嚢胞様黄斑浮腫などに続発するものがあります。

検査

眼底検査に加え、光干渉断層計(OCT)検査で判明することが多いです。

治療

点眼や内服薬で有効なものはありません。診断後早いうちに、硝子体手術を行います。手術の終了時に、眼の中の水をガスと置き換えます。ほとんどの場合、白内障の手術も同時に行います。

症状

見えない点がある(暗点)

見ようとする中心や中央近くに見えない部分がある場合をさします。比較的小さな点の場合と、ある程度の範囲で見えない場合があります。周りは結構見えているのがポイントです。変視症を伴う人も多いです。

関連する病名 黄斑円孔、黄斑浮腫、黄斑前膜、高度近視、加齢黄斑変性、網膜細動脈瘤、中心性漿液性脈絡網膜症、視神経炎、視神経症

ゆがんで見える(変視症)

「真っ直ぐの線の真ん中近くが歪んで見える、くびれて見える」や「読もうとする文字がぐちゃッと潰れ見える」と感じる状態を変視症と呼びます。網膜剝離が黄斑に及んで、変視で気付くこともあります。

関連する病名 黄斑円孔、黄斑浮腫、黄斑前膜、加齢黄斑変性、網膜剥離