病名から調べる

白内障

原因・病態

■白内障とは

私たちが目で見ている像は、角膜、水晶体を通った光が網膜面で結像したものです。その水晶体というレンズの役割を果たす組織が混濁する病気を白内障と言います。原因として多いのが加齢によるもので、早い人では40代から、80代では100%の人で白内障を発症しています。その他の原因として、先天的なもの・外傷、アトピーによるもの・薬剤、放射線によるもの・そして他の目の病気(炎症)に続いて起こるものなどがあります。水晶体が濁り始めると、水晶体で光が散乱するため、霞んだり、物が二重に見えたり、まぶしく見えるなどの症状が出現し、進行すれば視力が低下し、眼鏡でも矯正できなくなります。

■白内障の治療

ごく初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、濁った水晶体をもとに戻すことはできません。進行した白内障に対しては、濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを挿入する方法が一般的に行われます。  

症状

だんだんと見にくい(緩徐な視力低下)

緩徐な視力低下の場合、自覚症状としては眼のかすみを感じることが多く、また、歪みや視野狭窄などの症状から視力低下を自覚することもあります。
緩徐な視力低下の原因として最も頻度が高いのは、加齢に伴う白内障ですが、左右の眼で見え方が異なる場合や、ものを見たときの歪みや視野の欠けがある場合、充血や痛みなどがある場合は、他に視力低下の原因がある可能性が考えられます。早めに眼科での検査を受け、原因に応じた治療を受けることが必要です。

関連する病名 白内障、網膜剥離、加齢黄斑変性、 緑内障 ぶどう膜炎、中心性漿液性脈絡網膜症、糖尿病網膜症、黄斑浮腫

かすむ(霧視)

目が霞んで見えることを「霧視(むし)」と言います。霧視が起こる原因としては、遠視や近視の悪化による屈折異常、角膜、水晶体、硝子体の濁り、網膜の病気、視神経の病気が考えられます。霧視の中でも、「急に発症したのか、徐々になのか」、「どのくらい見えにくにいのか」、「痛みや充血があるのか」、元々の目の病気やお身体の病気の有無によって原因が異なります。
急に発症した場合は、結膜炎やぶどう膜炎、急性緑内障発作、網膜疾患、視神経炎など急性の病気が想定されます。徐々に見えにくい場合は白内障や目の屈折の異常が考えられます。痛みや充血がある場合には、結膜炎、ぶどう膜炎、急性緑内障発作、視神経炎などの病気が考えられます。お身体の病気で糖尿病がある方は、その影響で網膜に病気が出ていることがあります。症状がある場合には必ず眼科を受診してください。

 

関連する病名 白内障、 ぶどう膜炎、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、視神経炎、屈折異常

目が疲れやすい(眼精疲労)

眼に疲れを感じることを眼精疲労と言います。「眼が疲れる、ぼやける」「眼が痛い、充血する」「眼が重い、しょぼしょぼする」「眩しい」「涙が出る」といった様々な症状を呈し、肩こり・疲労感・頭痛・めまい・吐き気などの体の症状を訴えることもあります。
原因も多岐にわたります。例えば様々な眼の病気により眼精疲労を生じることが言われており、矯正不良(メガネやコンタクトの度が合わないこと)、ドライアイ、緑内障、白内障、斜視・斜位、眼瞼下垂などが重要です。眼の使いすぎや環境によるものもあり、長時間のVDT作業はその際たる要因です。また更年期障害、自律神経失調症、虫歯・歯周病、アレルギー生鼻炎、風邪、精神的ストレスといった体全体の不調から眼精疲労を生じることもあると言われています。

関連する病名 矯正不良、ドライアイ緑内障、白内障、斜視・斜位、眼瞼下垂、VDT作業、更年期障害、自律神経失調症、虫歯・歯周病、アレルギー生鼻炎、風邪、精神的ストレス

黒目が白い(白色瞳孔、角膜混濁)

黒目が白い場合は、黒目の中央にあるひとみの奥が白いのか、黒目全体が白っぽいのか、黒目の周辺が白いのかにより、病気が異なります。
黒目の中心が白く見える場合、ひとみ(瞳孔)の中が白くなっていることが多く、特に赤ちゃんでは注意が必要です。これは白色瞳孔と言われる所見で、猫の眼のように、夜に瞳が開いていると眼が光るように見えることもあります。このような症状が見られた場合、赤ちゃんには網膜芽細胞腫、水晶体後線維増殖、第一次硝子体過形成遺残、脈絡膜欠損、コーツ病、先天網膜鎌状剥離といった重篤な病気が隠されている可能性があります。大人の場合は水晶体の混濁による白内障によって白色瞳孔を呈することがあります。
黒目は実は血管のない透明な組織で、角膜と呼ばれます。角膜に炎症がおきたり、浮腫(むくみ)が生じると白く混濁するようになります。光の通り道が塞がれることになるので、視力低下を来します。一度白く混濁すると元の透明組織に戻らないことも多いため、黒目が白くなっていたら必ず眼科を受診しましょう。
黒目の周辺部がドーナッツ状に白く濁ることがありますが、これは老人環と呼ばれ、周囲の血管から脂質成分などが漏れ出すことによって生じます。老人環は視力に大きく影響することはありません。

関連する病名 網膜芽細胞腫、水晶体後線維増殖、第一次硝子体過形成遺残、脈絡膜欠損、コーツ病、先天網膜鎌状剥離、白内障、角膜炎、角膜浮腫、老人環

まぶしい(羞明)

普通の明るさでもまぶしく感じ、目を開けているのが辛いのが羞明です。原因もさまざまであり、現代の医学でもなぜまぶしく感じるのかも分かっていないことも多いです。大きく分類して、目の痛みを伴うか伴わないかで考えます。痛みのない場合、瞳が開いていてる(動眼神経麻痺など)と、角膜や水晶体に濁りがある、あるいは、黄斑変性・萎縮などが考えられます。痛みのある場合は、角膜にキズが付いている場合(原因はさまざま:異物混入やコンタクトレンズ、ドライアイ、角膜感染症など)、緑内障、ぶどう膜炎などが考えられ、急いで眼科受診をした方がいい場合が多いです。 “お月さんの笠“のように光源の周りに光の輪が見えること(虹視症)もあります。

関連する病名 動眼神経麻痺、白内障、緑内障ぶどう膜炎、黄斑変性、角膜上皮びらん、ドライアイ角膜感染症

物が二重、三重に見える(複視)

両目で見ると物が2つに見える場合(両眼性複視)と片目だけでも2つ以上に見える場合(単眼性複視)があります。片目で複数に見える場合多いのは、乱視と白内障です。両目で見ると2つに見える場合は、斜視か左右の屈折値のズレが考えられます。斜視の原因はいろいろありますが、急に起こる場合は脳や神経の異常のことも多い(脳梗塞、脳動脈瘤、脳腫瘍、重症筋無力症など)ので、脳神経科でMRIやCTで精査する場合もあります。甲状腺眼症や眼窩の炎症性疾患で外眼筋が炎症を起こす他、糖尿病で神経が障害されて起こることもあります。交通事故やボールなどで目を打撲し、眼窩吹き抜け骨折を起こすと、やはり複視を訴えます。

関連する病名 乱視、白内障、斜視、甲状腺眼症、脳梗塞、脳動脈瘤、脳腫瘍、重症筋無力症