病名から調べる

眼瞼下垂

原因・病態

眼瞼下垂は何らかの原因によって上眼瞼(上のまぶた)が下がってくる状態のことです。それにより上方の視野が狭く感じられたり、外見が悪くなったりする不都合が生じます。上眼瞼の挙上には上眼瞼挙筋(動眼神経支配)とミュラー筋(別名:瞼板筋、交感神経支配)の収縮が携わっており、これらどちらかの筋肉やそれを支配する神経の機能が落ちることで起こります。原因は大きく先天性と後天性にわけられます。

  1. 先天性眼瞼下垂

    出生直後からみられる眼瞼下垂で、様々な原因によるものがありますが通常みられるものは上眼瞼挙筋の働きがうまれながら不良なことによるものです。片側性と両側性があり、片側性が多くの割合を占めます。下垂のある方の眼では、下方でしかものが見えないため、それをカバーしようとして顎をあげた姿勢をとることが多くなり、また眉毛をあげてものを見るようになります。
    治療の基本は手術ですが、生後6ヶ月を超えればいつでもできるため、慌てて手術する必要はありません。しかし、眼瞼下垂の程度が強い場合、時に視力の発達に影響するため、視機能の評価や合併症の有無とも合わせて眼科を受診して手術の必要性や時期について判断してもらう方が良いです。

  2. 後天性眼瞼下垂

    後天性で最も多いのは、加齢によるもので、上眼瞼挙筋の腱の伸展によって起こります。また、最近ではコンタクト装用者(特にハードコンタクト装用者)が増加しており、同様の原因により眼瞼下垂が起こります。
    後天性ではこの他にも外傷や神経麻痺によるもの(脳動脈瘤や糖尿病などによる動眼神経麻痺や肺癌などに伴う交感神経麻痺(ホルネル症候群))、神経と筋肉の間のトラブルである重症筋無力症などがあり、これらは他の眼の症状や全身症状を伴うことも多いです。
    また、一見すると眼瞼下垂のようにみえる眼瞼皮膚弛緩症(過剰な皮膚が上眼瞼を越える)や甲状腺眼症のように片眼の瞼裂開大により相対的にもう片方の眼が下垂しているようにみえることもあるため、注意が必要です。
    治療は手術であり、比較的挙筋の機能の良い眼瞼下垂(加齢性、コンタクトレンズ、ホルネル症候群など)は回復が見込めます。その他の後天性では原因疾患による挙筋機能の程度によっても手術方法は異なり、その効果にも限界があります。

眼瞼下垂に似た病気として以下のようなものが挙げられます。
眼瞼けいれん、顔面けいれん、甲状腺眼症、チックなど。

老人性眼瞼下垂の手術前後

症状

目が疲れやすい(眼精疲労)

眼に疲れを感じることを眼精疲労と言います。「眼が疲れる、ぼやける」「眼が痛い、充血する」「眼が重い、しょぼしょぼする」「眩しい」「涙が出る」といった様々な症状を呈し、肩こり・疲労感・頭痛・めまい・吐き気などの体の症状を訴えることもあります。
原因も多岐にわたります。例えば様々な眼の病気により眼精疲労を生じることが言われており、矯正不良(メガネやコンタクトの度が合わないこと)、ドライアイ、緑内障、白内障、斜視・斜位、眼瞼下垂などが重要です。眼の使いすぎや環境によるものもあり、長時間のVDT作業はその際たる要因です。また更年期障害、自律神経失調症、虫歯・歯周病、アレルギー生鼻炎、風邪、精神的ストレスといった体全体の不調から眼精疲労を生じることもあると言われています。

関連する病名 矯正不良、ドライアイ緑内障、白内障、斜視・斜位、眼瞼下垂、VDT作業、更年期障害、自律神経失調症、虫歯・歯周病、アレルギー生鼻炎、風邪、精神的ストレス

まぶたが下がっている(眼瞼下垂)

上のまぶた(上眼瞼)が垂れ下がってくることがあり、これを眼瞼下垂と言います。先天性と後天性に分類されます。原因として、加齢による眼瞼の変化、コンタクトレンズの長期装用によるものが多いですが、重症筋無力症、脳梗塞、脳動脈瘤、脳腫瘍、動眼神経麻痺といった重篤な病気によって生じるため、精査が必要です。詳しくは眼瞼下垂のページを参照してください。

関連する病名 加齢による眼瞼の変化、コンタクトレンズの長期装用、重症筋無力症、脳梗塞、脳動脈瘤、脳腫瘍、動眼神経麻痺