病名から調べる

結膜弛緩症

原因・病態

結膜弛緩症はその名の通り、結膜が弛緩した状態です。 眼表面のうち白目の部分を結膜といい、眼球壁(強膜)を覆っている半透明の膜です。結膜には適度なゆるみがあり、上下左右などの眼球運動に 耐えられるようになっています。
このゆるみが平均より強い状態を結膜弛緩症といいます。ゆるんだ結膜は下まぶたに沿って存在し、程度が強いときは黒目(角膜)へ乗り上がっていることもあります。結膜弛緩症は染色液とブルーライトを用いると 、よりはっきりその存在を見ることができます。
結膜弛緩症の原因はよくわかっていませんが、加齢やコンタクトレンズの使用とともに増える傾向にあります。弛緩した結膜は、涙の流れ、涙の貯留、涙の供給を阻害します。弛緩結膜がひだ(あるいは皺) を形成するために、そのひだの間に涙がたまり、外にこぼれ落ちるため、 流涙を生じます。結膜弛緩症の患者さんはしばしば「涙がよく出る」「涙がこぼれる」などと訴えることがあります。また、眼球運動や瞬きにともなって、 弛緩結膜が過剰に動くため、異物感を生じます。強い痛みではなく、ごろごろする、しょぼしょぼする、 何か挟まっている感じがするなど、不快感に近いような症状となります。弛緩結膜がよく動くことから、結膜の毛細血管が引っ張られて、結膜下出血の原因となります。 結膜下出血を繰り返す方にはしばしば結膜弛緩症がみられます。

結膜弛緩症に似た病気として以下のようなものが挙げられます。
翼状片、ドライアイなど。

症状

ゴロゴロする(異物感)

目がゴロゴロとするのは、実際に目の中に異物が入るだけではなく、角膜や結膜の炎症、上皮障害でも引き起こされます。異物としては鉄粉やコンタクトレンズが多くみられます。角膜や結膜の炎症は感染性と非感染性があります。感染性は細菌やウイルスの感染が原因であることが多いですが、中にはアカントアメーバと呼ばれる原虫に感染して起こることがあり、ソフトコンタクトレンズの不適切な使用が原因であることが多く、治療が遅れると失明につながる恐れがあります。非感染性はアレルギー性結膜炎が代表的です。スギ、ダニ、ハウスダストなどが原因となります。角膜や結膜の上皮障害を引き起こす原因として代表的なものにドライアイがあります。長時間のコンタクトレンズ装用やパソコン操作(VDT作業)、シェーグレン症候群等の体の病気が原因で、目の異物感だけではなく目の乾燥やかすみを伴うことがあります。また、目の中に睫毛が当たることでも角膜や結膜の上皮障害を引き起きします。睫毛が内側に向かって生える睫毛乱生や、加齢などによりまぶたが内側へ反る眼瞼内反症などが原因となります。その他に、マイボーム腺機能不全や結膜弛緩症などでも目の異物感が引き起こされます。このように原因は実に多岐にわたり、中には失明につながる重篤な疾患が隠れていることもあるので注意が必要です。症状が続くようなら眼科医に相談しましょう。

関連する病名 角結膜異物、ドライアイ、アカントアメーバ角膜炎、アレルギー性結膜炎結膜弛緩症、睫毛乱生、眼瞼内反症、マイボーム腺機能不全

白目がぶよぶよになる(結膜腫脹)

結膜とは、白目を覆っている半透明の膜のことです。まぶたの裏側から折り返して強膜(眼を覆う白い層)を覆い、角膜(黒目)の縁に続いています。結膜は目の最初の砦として小さい異物や感染症の原因となる菌が眼の中に入るのを防いだり、涙液の層を維持するなど重要な役割を担っています。
腫脹の原因は様々ありますが、最も一般的な病気は結膜炎という結膜の炎症です。炎症の原因は数多くあり、細菌、ウイルス、真菌の感染などが挙げられます。最も多いのはウイルス性で、感染力が非常に強く、家庭内、職場、学校など周囲からの感染が多く注意が必要です。もしかかってしまった場合は衛生対策を行い、他方の眼や他の人に感染が広がるのを防ぐことが重要です。治療に関してですが、ウイルス性結膜炎に対しては治療薬がありません。安静にして免疫で治すことが重要です。細菌性結膜炎には、抗菌薬の点眼が投与されます。眼脂や充血などの症状も強くみられるため、しっかりと治療することが重要です。
他によく見られるものとしてはアレルギー性の反応で起きるアレルギー性結膜炎や強い症状がでる春季カタルがあります。治療には、抗アレルギー作用のある点眼薬やステロイド点眼薬が投与されます。また患部を冷やしたり、アレルゲンを避けることも症状の軽減に役立ちます。
加齢に伴い起こるものとして、結膜弛緩症があります。長年の眼球運動や瞬きにともなって、膜が伸びた状態となり違和感や異物感を自覚します。他の原因としては、異物が目に入り、何らかの薬品や化学物質、日光を過剰に浴びてしまうことでも起こる場合があります。

関連する病名 アレルギー性結膜炎ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎、翼状片結膜弛緩症