病名から調べる

弱視

原因・病態

定義

目の前にあるものは、角膜、水晶体、硝子体を通って、網膜の中心窩(ちゅうしんか:網膜の中で視力が一番良い部分)にピントが合った後に、その情報が視神経を通って脳に伝わります(図1)。

図1

弱視はこの視覚情報が伝わる経路のどこかに支障があるときに生じます。これは通常視力の発達の感受性期(生後1ヶ月から8歳ごろまで)に片目または両目に適切な視覚刺激を受け取ることができなかったために視力の発達が止まったり遅れたりすることによります。

 

原因

(1)網膜に光を通しにくい(形態覚遮断弱視)
生まれたときからまぶたがさがっている(眼瞼下垂)、黒目の部分が濁っている(角膜混濁、白内障)などの病気があって網膜に刺激が十分に入らないと視力が発達しません。しっかり視覚刺激を受け取るには、原因を取り除くための手術が必要なこともあります。

(2)片方の目の位置がずれている(斜視弱視)
ものを見ようとするときに片目は正面を向いていても、もう一方の目が違う方向を向いてしまっている状態のことを斜視といいます。片目の視線がずれている場合、その目が使われないために視力が発達しません。

(3)網膜にきちんとピントが合わない(屈折異常弱視)
両目に強い遠視や乱視があると網膜にきちんとピントが合いません。このような状態で過ごしていると、視力が発達しません。

(4)右眼と左眼の屈折度数(近視、遠視や乱視などの屈折異常の程度)に大きな差がある(不同視弱視)
右眼と左眼の屈折度数の差が大きいと、屈折度数の大きいほうの目にきちんとピントが合わず、その目が使われないために視力が発達しません。

治療

(1) 眼鏡装用
弱視の治療は、弱視の種類や発生した時期によって違います。しかし、どのような種類の弱視でも屈折異常がある場合は、眼鏡をかけて網膜の中心窩に焦点を合わせて鮮明な像が結ばれる状態にして、視力の発達を促すことが大切です。

(2)遮閉訓練
眼鏡をかけるだけで視力が良くならない場合は、遮閉訓練も一緒に行います。遮閉訓練は、視力の良いほうの目に遮閉具(アイパッチ®)を付け、視力の悪いほうの目でしっかり見るように促す訓練です(図2)。
 遮閉具を嫌がる場合は、お子さんの好きなキャラクターを遮閉具に書いたり、シールを貼ったりします。また、眼鏡をかけている場合は、眼鏡の上から布製の遮閉具を付けるなどの工夫をしてみるとよいです。

図2

 

症状

眼球がよく動いている(眼振)

意志とは無関係に眼球が痙攣したように動いたり揺れたりしていることがあります。この律動的に反復する眼球運動の状態を眼振と言います。
眼振には先天性と後天性のものがあります。ゆっくりした動き(緩徐相)と速い動き(急速相)とを反復する衝動性眼振と、緩徐相と急速相の区別のはっきりしない振子様眼振に分類されます。衝動性眼振は、急速相の向きから、水平性・垂直性・回旋性に分けられます。また注視した際に誘発される注視眼振や、頭の位置を変化させた時に生じる頭位眼振、体位を変えた時に生じる体位変換眼振など、刺激によって誘発される眼振(誘発眼振)もあります。
先天的な眼振では弱視や斜視を伴うことが多く、自覚症状もないことが多いです。一方後天的な眼振では動揺視を伴い、めまい、脳梗塞、脳脊髄奇形、小脳変性疾患、多発性硬化症といった脳や耳の病気から生じることが多く、眼科以外の診療科と連携をとりながら診療を行うことが多々あります。また抗痙攣薬を内服している方やアルコール中毒でも生じることがあります。
なお眼振は病的でないものもあり、例えば車や電車の窓から外の景色を見えている時に眼が小刻みに痙攣しているように動きます。これは視運動眼振というものであり正常な人に起きる生理的な現象です。

関連する病名 弱視、斜視、めまい、脳梗塞、脳脊髄奇形、小脳変性疾患、多発性硬化症、抗痙攣薬内服、アルコール中毒

顔を斜めにして見る

ものを見る時に顔を横にして斜めから見たり、首を傾けて物を見ている場合、弱視という視力の発達に障害がある可能性や、眼球の位置や眼球運動に異常のある斜視という病気である可能性があります。詳しくは弱視や斜視のページをご覧ください。

関連する病名 斜視、弱視