病名から調べる

子供の斜視

原因・病態

定義

物を見ようとする時に、片目は正面を向いていても、もう片目が違う方向を向いてしまっている状態、左右の視線が合わない状態が斜視です。片目が正常な位置にあるときに、もう片目が内側に向いてしまっている状態を内斜視(図1)、外側に向いてしまっている状態を外斜視(図2)、上側に向いてしまっている状態を上斜視、下側に向いてしまっている状態を下斜視といいます。なお赤ちゃんは鼻の根元が低くて広いために、あたかも内斜視のようにみえることがあります。見かけ上のものであり、本当に斜視があるわけではないのでこれを偽斜視といいます。成長に伴い顔立ちがはっきりしてくると目立たなくなります。


図1.内斜視      図2.外斜視

症状

斜視があると、ものが二つに見えたり、ずれた側の目でみる像がぼやけて見えるなどの理由により、お子さんが無意識のうちにその目を使わなくなって視力の発達が妨げられてしまいます。そうすると、弱視といって、眼鏡をかけても視力が上がらない状態になってしまいます。斜視では顔を斜めにして見ることもあります。

原因

斜視の原因としては、目を動かす筋肉や神経の異常によるもの・遠視によるもの・目の病気によるもの・脳の病気によるもの・全身の病気に伴うものなどがあります。ほとんどは目を動かす筋肉や神経の異常によるものや遠視によるものです。

検査

通常の眼科での検査に加えて、全身検査や磁気共鳴画像(MRI)などの検査を行うことがあります。

治療

斜視の種類や年齢に応じて治療法も異なりますが、治療の目標は大きく3段階に分かれます。まず一番大切なことは、両目の視力をよくすることです。斜視ではずれている方の目が弱視になっていることがあり、これを改善してあげることが斜視治療の第一歩です。
次に、目の位置をまっすぐにしてあげることです。眼鏡を使用するだけでまっすぐになることもありますが、場合によっては手術を必要とします。斜視の種類によって、手術が必要かどうか、何歳のときにどのような手術を行うかなどが異なります。
最後の目標は、両方の目で物を見る力を獲得することです。両方の目で見たものを、脳で一つの像にまとめる機能を両眼視といいます。両眼視機能によって見た物が立体感をおびたものになります。斜視の種類によっては、早期からきちんと治療を行っていても両眼視の獲得が難しいことがあります。

症状

左右の視線が合わない(眼位異常)

物を見たときに左右の視線が合わない、両眼が同じ方向を向いていない状態を斜視と言います。「人と目線が合わない」「物が二つにダブって見える」「焦点が合いにくい」といった症状を訴えます。小児の病気と思われがちですが、大人の斜視も少なくありません。詳しくは子供の斜視、大人の斜視のページを参照してください。

関連する病名 斜視

顔を斜めにして見る

ものを見る時に顔を横にして斜めから見たり、首を傾けて物を見ている場合、弱視という視力の発達に障害がある可能性や、眼球の位置や眼球運動に異常のある斜視という病気である可能性があります。詳しくは弱視や斜視のページをご覧ください。

関連する病名 斜視、弱視