病名から調べる

先天色覚異常

原因・病態

定義

色の感じ方が異なることを指します。

原因

先天色覚異常は遺伝性疾患で、X連鎖性遺伝(伴性劣性遺伝)の遺伝形式をとります。日本人での頻度は男性の約5%に見られ、女性には0.2%と滅多にみられません。
 先天色覚異常には程度によって1色覚、2色覚、異常3色覚、問題となる細胞(網膜の錐体という細胞)の種類によって1型色覚、2型色覚、3型色覚がありますが、通常色覚異常といえば、2色覚や異常3色覚、1型色覚や2型色覚を指し、これらをあわせて先天赤緑色覚異常ともいいます。1色覚や3型色覚は非常にまれです。

検査

仮性同色表(色覚検査表)には石原色覚検査表や標準色覚検査表(SPP-1)などがあり、スクリーニングに広く用いられています。ただしこれらの表のみでは、色覚異常があるらしいことは判定できても、確定診断まではできません。診断を確定するためには、アノマロスコープという特殊な検査機器を用いなければなりませんが、この検査は熟練を要し、一般の眼科には備えてありません。色覚異常の程度判定にはパネルD-15という検査が用いられ、生活上の支障や職業適性を大まかに判断します。

治療

現代の医学では治療することはできません。現在では進学時に色覚について問われることはほとんどなくなっています。しかし、例えば、自衛隊、警察関係、航空、調理師専門学校など、ごく一部の学校では入学時に制限されることがあります。募集要項にはよく目を通してください。
 就職時においても、厚生労働省は色覚異常者に対して根拠のない採用制限を行わないよう指導をしています。しかし、微妙な色の識別が必要な職種などでは就職できない場合があります。また、一般の企業でも、色覚異常に対する理解がまだ十分でなく、その対応にはかなりの混乱がみられます。これも募集要項にはよく目を通してください。
 一方、就職し、勤務して初めて色覚異常のために就業に困難を生じるケースもみられます。どんな色が見えにくいかを自覚し、色の誤りをしないよう、対策を講じておくことがとても大切です。

症状

色がわかりにくい(色覚異常)

色が分かりにくい場合は色覚異常である可能性があります。眼の奥にある網膜という組織には、錐体細胞と杆体細胞という2種類の視細胞(光を感知する細胞)が存在します。錐体細胞は赤などの長波長に反応するL錐体、緑などの中間波長に反応するM錐体、青などの短波長に反応するS錐体の3種類があり、色覚異常はこの錐体細胞の異常によって発症します。L錐体に異常があると1型色覚、M錐体に異常があると2型色覚、S錐体の異常は3型色覚と呼びます。色覚異常の頻度は日本においては男性の20%、女性の0.2%であり、女性の保因者は10%いると言われています。色覚異常は生まれつきである先天色覚異常が主体であり、以前は色盲や色弱といった言葉が使われていました。先天色覚異常は程度により、1色覚(以前の全色盲)、2色覚(以前の色盲)、異常3色覚(以前の色弱)に分類されますが、通常色覚異常と言えば、1型色覚や2型色覚、または2色覚や異常3色覚のことを指し、これらを先天赤緑色覚異常とも言います。
色覚異常は眼の病気によって生じることもあり、例えば糖尿病による網膜症、緑内障、視神経疾患、心因性などによって色覚異常を呈することもあります(後天色覚異常)。

関連する病名 先天色覚異常、先天赤緑色覚異常、網膜疾患、緑内障、視神経疾患、心因性障害