病名から調べる

ドライアイ

原因・病態

■はじめに

涙には、目の表面に広がって崩れない性質がありますが、その性質が失われ、崩れやすくなり、目の不快感や見えにくさを生じる病気がドライアイです。日本で2200万人もの患者さんがいるといわれ、さらに増加しつつあります。

■涙の産生と排出

涙は、涙腺で作られ、瞬きで目の表面に広がり、一部は蒸発しながら「涙点」という目頭の小さい穴から鼻の奥に排出されます(図1)。

 

図1.涙の産生と排出

■涙の構造

目の表面に広がる涙は、一枚の膜のように目の表面を覆い(涙液膜)ますが、涙液膜は、表面から、油の層とタンパク質などを含んだ水の層の2層からなります。ドライアイでは、涙液膜が崩れやすく(図2)、その下の細胞にキズ(図3)ができることがあります。

図2.健康な涙液膜(左側の図)とドライアイの涙液膜(右側の図)


図3.ドライアイにおける涙液膜の崩れ(黒く筋状に見えている部分)と眼の表面のキズ(点状に色素で染まっている部分)

■ドライアイの症状

ドライアイの症状は「目がかわく」だけでなく「目がかすむ」、「まぶしい」、「目が疲れる」、「目が痛い」、「目がゴロゴロする」、「目が赤い」、「涙が出る」、「目ヤニがでる」などさまざまです。

■ドライアイの危険因子

ドライアイの危険因子として、加齢(加齢で、涙の量や性質が低下)、女性、ライフスタイル(長時間画面を見る)、生活環境(低湿度、エアコン下、送風)、コンタクトレンズ装用、喫煙、飲み薬(涙の分泌を減らす作用のある飲み薬)、目薬(防腐剤など)、涙の油を作るマイボーム腺の病気、加齢でできる結膜(白目)の皺、全身の病気(涙腺が免疫の作用で傷つくシェーグレン症候群や関節リウマチなどの膠原病)などがあります。

■ドライアイの検査

目の表面における涙液膜の崩れやすさは、涙を色素で染めて、目を開けたままにして、何秒で涙液膜が崩れ始めるかを調べます、同時に、その色素で目の表面のキズも検査できます(図3)。涙の分泌をシルマーテストと呼ばれる検査で調べることもあります。

■ドライアイの治療

軽い症状は、市販の目薬でも改善できますが、眼科では、涙の不足成分を補う目薬、目の炎症を抑える目薬、涙点に栓(涙点プラグ)をして涙をためる治療(図4)などで改善を目指します。画面を見る作業やコンタクトレンズの装用を減らしたり、エアコンを調整したり、加湿器を使うことも効果があります。

図4.涙点プラグ治療(上と下の涙点に涙点プラグを挿入したところ)

■おわりに

ドライアイは、慢性的な目の不快感や見えにくさを生じて生活の質を低下させる病気ですが、治療も進歩してきていますので、症状が強ければ眼科を受診しましょう。
参照:ドライアイ研究会HP

 

症状

目やにがでる(眼脂)

目やには、涙に含まれているムチンという物質が眼表面の不要なものをからめ取ってできたもので、脱落した上皮、血液中の細胞、病原体などで構成されています。起床時に眼の周りに少量ついているものは問題ありませんが、日中も目やにが出て量が多い場合は注意が必要です。黄白色でネバネバ、ドロっとした目やにが出る場合は細菌や真菌(カビ)が原因で、主に片目のみに発症します。肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌などによるものが代表的です。淋菌によるものは膿のような大量の目やにが出るのが特徴的で、眼科疾患における性感染症の代表疾患です。経過によっては角膜穿孔を起こす危険性があるため注意が必要です。サラサラとした目やにが出る場合はウイルスが原因で、両目に発症します。透明なことが多く、涙が増えたと感じることもあります。流行性角結膜炎は、いわゆる「はやり目」と呼ばれるもので、アデノウイルス8型などが原因です。潜伏期は7日~10日で、非常に感染力が強いため、家庭内感染に注意が必要です。咽頭結膜炎は「プール熱」とも呼ばれ、夏かぜに伴う結膜炎で小児に好発します。アデノウイルス3型などが原因です。透明から白色の目やにが両目に1ヶ月以上続くときはアレルギー性結膜炎やドライアイなどが原因となります。このように目やにの原因はさまざまですが、中には重篤な疾患が隠れていることもあるので、気になる場合は眼科医に相談しましょう。

関連する病名 細菌性結膜炎、淋菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎、流行性角結膜炎、咽頭結膜炎、アレルギー性結膜炎、ドライアイ

ゴロゴロする(異物感)

目がゴロゴロとするのは、実際に目の中に異物が入るだけではなく、角膜や結膜の炎症、上皮障害でも引き起こされます。異物としては鉄粉やコンタクトレンズが多くみられます。角膜や結膜の炎症は感染性と非感染性があります。感染性は細菌やウイルスの感染が原因であることが多いですが、中にはアカントアメーバと呼ばれる原虫に感染して起こることがあり、ソフトコンタクトレンズの不適切な使用が原因であることが多く、治療が遅れると失明につながる恐れがあります。非感染性はアレルギー性結膜炎が代表的です。スギ、ダニ、ハウスダストなどが原因となります。角膜や結膜の上皮障害を引き起こす原因として代表的なものにドライアイがあります。長時間のコンタクトレンズ装用やパソコン操作(VDT作業)、シェーグレン症候群等の体の病気が原因で、目の異物感だけではなく目の乾燥やかすみを伴うことがあります。また、目の中に睫毛が当たることでも角膜や結膜の上皮障害を引き起きします。睫毛が内側に向かって生える睫毛乱生や、加齢などによりまぶたが内側へ反る眼瞼内反症などが原因となります。その他に、マイボーム腺機能不全や結膜弛緩症などでも目の異物感が引き起こされます。このように原因は実に多岐にわたり、中には失明につながる重篤な疾患が隠れていることもあるので注意が必要です。症状が続くようなら眼科医に相談しましょう。

関連する病名 角結膜異物、ドライアイ、アカントアメーバ角膜炎、アレルギー性結膜炎、結膜弛緩症、睫毛乱生、眼瞼内反症、マイボーム腺機能不全

痒い(掻痒感)

目の痒みはまぶたの裏側と白目の表面に存在する結膜が炎症を起こすことで生じます。炎症を起こす原因は様々です。痒みを起こす結膜炎で代表的なのがアレルギー性結膜炎です。ほぼ1年を通して引き起こされる通年性と、毎年決まった時期に引き起こされる季節性があります。通年性はダニ、ハウスダストやペットの毛などが原因となり、季節性はスギ、ヒノキの花粉などが原因となります。いずれも目の痒み以外に涙が多く出たり目やにを伴うことがあり、ときには白目がぶよぶよと腫れることもあります。アレルギー性結膜炎が慢性的に長く続いて重症化すると、春季カタルと呼ばれる疾患を引き起こすことがあります。まぶたの裏に石垣のようなゴツゴツとしたもの(乳頭)が現れ、痒み以外に強い異物感が出現し、学童期の男児に多くみられます。アレルギー以外にも、細菌やウイルスなどの感染が原因の感染性結膜炎、ドライアイ、眼瞼炎(ただれ目)などによっても目の痒みを生じることがあります。症状が続く場合は我慢せずに眼科医に相談しましょう。

通年性アレルギー結膜炎
関連する病名 アレルギー性結膜炎、春季カタル 感染性結膜炎、ドライアイ、眼瞼炎

涙がでる(流涙)

涙は上まぶたの上外側にある涙腺で作られ、眼表面に流れます。排出は目頭の上下まぶたの内側にある小さな開口部(涙点)から鼻に抜けます。通り道として涙小管、涙嚢、鼻涙管と続き鼻に流れます。
涙目の原因としては、涙腺で作られる涙の分泌自体が増加すること、または涙の排出路の一部が阻害されることが考えられます。
涙目の一般的な原因には、上気道感染症、アレルギーによるもの(アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎)、涙道障害もなどがあります。
その他の原因としてドライアイがあります。これは眼の表面が乾くことでそれに対する反射により涙腺から涙分泌が刺激されることで起こります。また眼球内への異物混入やまつ毛など眼球に対する刺激でも起こります。
また鼻涙管という目と鼻をつないでいる通り道が狭くなることでも排出が悪くなり、涙目の原因となります。生まれつき詰まっていると先天性涙道閉塞の診断となります。加齢による変化、一部の抗がん剤の副作用などでも詰まりやすくなり、この場合は後天性涙道狭窄と呼ばれます。また涙嚢の慢性的な感染症などでも涙の分泌が増加されます。治療は、点眼薬、ブジー、内視鏡手術が行われます。

先天性鼻涙管閉塞の流涙(左眼)
関連する病名 ドライアイ、アレルギー、化学物質、感染症による結膜炎、眼瞼炎、眼瞼内反、さかさまつ毛、先天性・後天性涙道狭窄、涙嚢炎(涙嚢の感染症)など

目が疲れやすい(眼精疲労)

眼に疲れを感じることを眼精疲労と言います。「眼が疲れる、ぼやける」「眼が痛い、充血する」「眼が重い、しょぼしょぼする」「眩しい」「涙が出る」といった様々な症状を呈し、肩こり・疲労感・頭痛・めまい・吐き気などの体の症状を訴えることもあります。
原因も多岐にわたります。例えば様々な眼の病気により眼精疲労を生じることが言われており、矯正不良(メガネやコンタクトの度が合わないこと)、ドライアイ、緑内障、白内障、斜視・斜位、眼瞼下垂などが重要です。眼の使いすぎや環境によるものもあり、長時間のVDT作業はその際たる要因です。また更年期障害、自律神経失調症、虫歯・歯周病、アレルギー生鼻炎、風邪、精神的ストレスといった体全体の不調から眼精疲労を生じることもあると言われています。

関連する病名 矯正不良、ドライアイ、緑内障、白内障、斜視・斜位、眼瞼下垂、VDT作業、更年期障害、自律神経失調症、虫歯・歯周病、アレルギー生鼻炎、風邪、精神的ストレス

まぶしい(羞明)

普通の明るさでもまぶしく感じ、目を開けているのが辛いのが羞明です。原因もさまざまであり、現代の医学でもなぜまぶしく感じるのかも分かっていないことも多いです。大きく分類して、目の痛みを伴うか伴わないかで考えます。痛みのない場合、瞳が開いていてる(動眼神経麻痺など)と、角膜や水晶体に濁りがある、あるいは、黄斑変性・萎縮などが考えられます。痛みのある場合は、角膜にキズが付いている場合(原因はさまざま:異物混入やコンタクトレンズ、ドライアイ、角膜感染症など)、緑内障、ぶどう膜炎などが考えられ、急いで眼科受診をした方がいい場合が多いです。 “お月さんの笠“のように光源の周りに光の輪が見えること(虹視症)もあります。

関連する病名 動眼神経麻痺、白内障、緑内障、ぶどう膜炎、黄斑変性、角膜上皮びらん、ドライアイ、角膜感染症