症状から調べる

「急に見にくい(急激な視力低下)」原因と考えられている病気一覧

急激な視力低下とは、数分から数日以内に起こる視力低下のことです。
外からの光が眼の奥の網膜に届かなくなるような、眼の中の濁りや網膜の損傷があったり、網膜から視神経、脳へと神経信号が伝わる道筋で異常があったりすると視力低下が起こります。
症状は片眼だけに限らず両眼に同時に起こることもあり、その原因によって視野全体に及ぶこともあれば、視野の一部のみに見にくさを感じる場合もあります。また、視力低下だけでなく眼痛や頭痛、充血など他の症状を伴うことがあります。

急激な視力低下の原因として以下のようなものが挙げられます。
角膜の傷や感染、急性緑内障発作、眼の中の出血(硝子体出血)、網膜の血管閉塞、網膜剥離、視神経症、脳卒中や一過性脳虚血発作など。
急激な視力低下の原因は重篤なものが多く、速やかに眼科を受診して検査を受けることが重要です。

関連する病名 角膜感染症化学眼外傷、急性緑内障発作、硝子体出血、網膜剥離、網膜静脈閉塞症、網膜中心動脈閉塞症、視神経症